ⅩⅦ.THE STAR

[正位置]

case.1

希望があります。 夢、可能性、愛。 希望に満ちたエネルギーが 宇宙から降り注いでいます。 光があなたを導きます。 何も迷うことなく、憂うことなく、 光に向かって進んでゆけばよいのです。 自分自身の肯定的なエネルギーが、 順調に意識の進化を促します。 未知のエネルギーとの調和を図り、 可能性を拡大するときです。

case.2

希望が生まれます。 ポジティブなエネルギーが降り注ぎ、 未来の可能性を育みます。 どこまでも限りなく溢れる光が、 夢の実現をサポートしてくれることでしょう。

case.3

光が見えますか? どんなに苦しいときでも、 希望がひとつあれば大丈夫。 その希望があなたを導く光となります。 たとえそれがどんなにかすかな光であったとしても、 暗闇の中では確かな光。 暗闇の中でこそ、見失うことはないはずです。 自分が見ることさえやめてしまわなければ…。 自分の中に宿った希望、 どこまでも信じて追い求めていきましょう。

case.4

洞察が気づきをもたらし、気づきは癒しをもたらす。 希望が癒しであり、癒しが希望である。

case.5

気づいて。 宇宙は促しています。 インスピレーションはその信号。 受け取って、察して、気づいてください。 あなたの癒しとなる必要な情報が、 今この瞬間も降り注いでいます。

case.6

夢見ています。 輝かしい未来の可能性を信じ、希望に胸をふくらませて。 アイディアやヴィジョンが無限に降り注いでいます。 清純な理想を抱き、自然とそうなるだろうと信じています。 そうした今がとても幸せだと感じています。

case.7

希望はあります。 それはまだ今は手の届かない 途方もない夢のようなものかもしれない。 でも、その夢を抱くことは間違っていない。 追い続けましょう、どこまでも。 可能性はある。きっと実現する。 自分でも感じているはずです。 現実として今すぐにそれをやるというよりは、 いつか必ずやるという想いを捨てずに、 現時点で着実に出来ることを やっていきましょう。

case.8

美しい夢、輝く未来。 そのビジョンは、純粋なところから来ています。 その通り現実化されるかは、わからない。 信じて、つながっていることに、意味があるもの。 導かれていくこと、導かれていく場所に意味がある、 人生を輝かせる光。

case.9

未来がどうなるかは分からないけれど、 未来がどうなるか分からないからこそ、 今、希望を感じられることをしましょう。 それを目指すことで、それを信じることで、 意欲が湧いてくる、エネルギーが満ちてくる、 前向きになる、清々しい気持ちになる、 そういうことが必要です。 もっと楽観的になってもいいかも。

case.10

希望が、見えてきたようですね。
現実がどんな状態にあろうとも、
この先はきっと良くなる、と
感じているのではないでしょうか。

現実は、その期待通りに
展開していくとは限らないけれど、
その希望は、追い求めるべき夢として、
いつまでも道標となってくれる。

未来は、明るい。
未来には、明るい気持ちの自分がいる。
どんなときでも、どんな現実の中でも、
美しく穢れなく、前を向く自分がいる。
そう信じることのできる、自分がいる。
だから、未来は明るい。

[逆位置]

case.1

悲観的。 明るい未来に影がさしました。 希望を感じられません。 可能性は閉ざされたと感じます。 なぜでしょう? 光はいつもそこにあります。 光が見えなくなったのは、 見るのをやめてしまったから。 夢も希望も可能性も、 今もあなたとともにあります。 新たな光に気づくときです。

case.2

未来が見えなくなってしまいそう。 哀しくて、空しくて、未来を創る意志を失います。 人生には、そういうときもあるから。 うまくいかないときもあるから。 それでも、希望は常に限りなく降り注いでいます。 気づくだけ、思い出すだけ、意識するだけ。 未来はいつでも輝きを取り戻します。

case.3

思うようにいかない現実に希望が持てず、 未来への意欲を失っています。 夢を現実化するための努力を放棄しているのに、 過剰な期待や高すぎる理想を抱いています。 理想と現実の不調和から逃避しようとしています。

case.4

夢は夢。 現実化させるためには、 それなりの努力も必要です。 うまくいかないことがあっても、 叶うと信じる夢ならば、 逃げないで、しっかり育てて。

case.5

それはあまりにも夢みたいな、非現実的な考えではないでしょうか。 そういう希望を持つことはいいけれど、今すぐにそれが 実現されるわけがないと、よくわかっていますよね。 現時点で、それを選択肢に入れることは、少し逃避的かなと思います。 でも、悲観しないでください。 自分自身が諦めずに、現実化させようと努力を続ければ、 いつかきっとこの選択肢が、具体性を持ったものとして、 立ち現れるときが来るでしょう。

case.6

それは、夢をあきらめる選択。 現実をみなくてはという気持ち。 追い続けることに疲れてしまった心。 いっそ打ち砕いてしまおうという衝動。 そうしてすっきりしたいと願っても、 その先にあるのは、夢のない現実。 希望のない現実。生きる意味を失った人生。 強さがなければ、純粋さは貫けない。 純粋さは、捨てられない。 逃げないで。